CX-3煤除去

東京からお越しのお客さま

68000キロです。

 

ロープレッシャー側のEGR流量不足と2.3番シリンダーの失火のエラー

1.5ディーゼルのロープレッシャーはDPFを通った排気なので煤の堆積はほぼないです。

バラしていきます。

ここまでは通常のパターンでしたが、

インタークーラーがすごいことになっていました。タービンからのオイル?これでは吸気量等の数値も狂うでしょう。

洗浄後

キレイになりました。

ちなみに失火はバルブに剥がれた煤が噛み込んだのが原因

インタークーラーのオイル汚れの原因は現状は不明

組み付け後、インジェクターの初期化と各種バルブの初期化をして作業完了

チェックランプの点灯もなし、DPFの排気差圧もOK、試乗しながらデータモニターしても良好です。

今回は遠方からお越し頂きありがとうございました。